人に優しい音声技術へ

私達は、音声の生成と知覚、聴覚心理、室内音響、マルチモダリティなどの分野の研究をしています。
研究を通じて、人に優しい音声技術の提供や、音声コミュニケーションの支援を目指しています。

主な研究内容

緊急音声放送の
のバリアフリー化
信号処理・人の発話と知覚の相互作用を応用した、雑音や残響がある公共空間で明瞭な緊急音声放送の作成
若年者の
騒音性難聴の予防
聞こえの調査、音楽再生レベル測定、聴力検査データ等基にした若年者の騒音性難聴を予防する教育コンテンツ制作
聴覚と視覚の
クロスモーダル情報処理
VRによる3Dコンテンツと立体音響を用いてVR酔いを軽減する研究など
聴覚過敏の
改善に向けた研究
聴覚過敏の方が苦手な音の種類の調査と、症状の改善に向けたシステムの開発
読み聞かせが子どもの理解力・集中力に与える影響
発話方法や周辺雑音が読み聞かせの理解度・集中力に与える影響についての研究

Our research area includes speech production, speech perception, psychological acoustics, room acoustics and multimodality. Our mission is to provide user-friendly speech technologies and to improve speech communication.

Major research topics

Creating barrier-free emergency
PA announcements
Providing public address (PA) announcements more intelligible during an emergency by approaches based on signal processing and speech production/perception
Prevention of
noise-induced hearing loss among young people
Creating educational content that informs young people about the importance of hearing protection and prevention of noise-induced hearing loss
Crossmodal integration
between hearing and vision
Crossmodal integration between hearing and vision including Virtual Reality, such as prevention of virtual reality sickness with 3D Computer Graphics and audio stimuli
Developing
hyperacusis relief software
Studying the types of sounds that people with hyperacusis find difficult to deal with and aim to develop software that relieves hyperacusis
Effect of storybook reading on children
Effect of speaking style of storybook reading and surrounding noises on children's comprehension and contentration

最新情報

2022年3月
日本音響学会春期研究発表会で大学院修士1年生の小松くんが発表を行いました。
2022年2月
卒業研究発表会を行いました。
2021年9月
日本音響学会秋期研究発表会で大学院修士1年生の小松くんが発表を行いました。
2021年8月
卒業研究発表会を行いました。
2021年7月
学部3,4年生11名の配属が決定しました。
2021年2月
卒業研究発表会を行いました。
2020年7月
学部3年生10名の配属が決定しました。
2020年2月
卒業研究発表会、修士論文発表会を行いました。
2019年9月
ICA 2019で大学院修士2年生の村田くんが、日本音響学会秋期研究発表会で大学院修士2年生の神林さんが発表を行いました。
2019年8月
合宿を行いました。
2019年7月
学部3年生11名の配属が決定しました。
2019年3月
電子情報通信学会総合大会で大学院修士1年生の村田くんが、ヒューマン情報処理研究会で学部4年生の宗田くんと吉田くんが発表を行いました。
2019年2月
卒業研究発表会、修士論文発表会を行いました。
2018年11月
聴覚研究会で大学院修士1年生の神林さんが発表を行いました。
2018年10月
International Symposium on Universal Acoustical Communicationで大学院修士1年生の神林さんが発表を行いました。
2018年8月
卒業研究発表会を行いました。
2018年8月
合宿を行いました。
2018年7月
学部3年生10名の配属が決定しました。
2018年3月
日本音響学会春期研究発表会で大学院修士1年生の柳井くん、学部4年生の神林さんと村田くんが、聴覚研究会で学部4年生の保田さんが発表を行いました。
2018年2月
卒業研究発表会を行いました。
2017年9月
合宿を行いました。
2017年8月
卒業研究発表会を行いました。
2017年7月
学部3年生8名の配属が決定しました。
2017年2月
卒業研究発表会を行いました。
2016年8月
合宿を行いました。
2016年8月
卒業研究発表会を行いました。
2016年7月
学部3年生11名の配属が決定しました。
2016年3月
日本音響学会第39回粟屋潔学術奨励賞を程島が受賞しました。
2016年2月
2015年度CG-ARTS協会賞を学部3年生の高田くんが受賞しました。
日本音響学会聴覚研究会で学部4年生の柿崎くんが発表を行いました。
2016年2月
卒業研究発表会を行いました。
2015年8月
合宿を行いました。
2015年8月
卒業研究発表会を行いました。
2015年7月
学部3年生9名の配属が決定しました。
2015年3月
日本音響学会第2回学会活動貢献賞を程島が受賞しました。
2015年2月
実践プロジェクト研究発表会・卒業研究発表会を行いました。
2015年1月
医用・生体工学研究会で学部4年生の潮田さんが発表を行いました。
2014年11月
Internoise 2014で大学院修士2年生の高梨くんが発表を行いました。
2014年9月
修士論文発表会を行いました。
2014年日本音響学会春期研究発表会で大学院修士2年生の小林さんが発表を行いました。
2014年8月
実践プロジェクト研究発表会(卒業研究発表会)を行いました。
2014年7月
学部3年生8名の配属が決定しました。
2014年3月
2014年日本音響学会春期研究発表会で大学院修士1年生の柳橋くん、高梨くん、小林さんが発表を行いました。
2014年2月
実践プロジェクト研究発表会(卒業研究発表会)を行いました。
2013年10月
2013年日本音響学会聴覚研究会で大学院修士1年生の柳橋くん、高梨くん、小林さんが発表を行いました。
2013年9月
2013年日本音響学会秋期研究発表会で大学院修士1年生の柳橋くんが発表を行いました。
2013年7月
学部3年生13名の配属が決定しました。
2013年3月
2013年日本音響学会春期研究発表会で学部4年生の島上くんと乳母くんが発表を行いました。
2013年2月
実践プロジェクト研究発表会(卒業研究発表会)を行いました。
2012年10月
合宿を行いました。
2012年7月
学部3年生11名の配属が決定しました。
2012年2月
実践プロジェクト研究発表会(卒業研究発表会)を行いました。
2011年9月
合宿を行いました。
2011年7月
学部3年生10名の配属が決定しました。

ページトップへ戻る